初恋の嵐

僕らは時々初恋を思い出す

どんな時に思い出すのかと言うと、古い写真を見たり、誰かとの会話だったり、街を歩く恋人たちの姿だったりする。

今日見た恋人たちの様子

きっと初めてのデートなのか、どこかぎくしゃくして手を繋いで歩いていた。

男の子はとても紳士的に振る舞おうと必死なようで、歩道のない道に差し掛かると、自分が車側に立つよう並び方を変えた。

繋いだ手はお互い自然に絡むというより、男の子が女の子の手を握りしめているように見えた。

僕にはもうそんな感触が残っていないけど、女の子と初めて手を繋いだ時はそんなのだったのかな。

初めて手を繋いだ女の子は、顔も名前も思い出せないけど。

スポンサーリンク
advertisement
advertisement

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
advertisement